TOP > 診療案内 > 入れ歯・精密義歯 > 部分床義歯
入れ歯・精密義歯
部分床義歯
部分床義歯とは?
歯が抜けてしまい、ブリッジの適応とならない場合には、部分入れ歯による治療になります。
保険治療の場合には金属の「クラスプ」が付いたタイプの部分入れ歯しかありませんが、
保険外治療の場合にはクラスプが付いていないものなど、様々なタイプのものがあります。
また、保険外の場合にはインプラントが可能となる場合もあります。
部分床義歯の種類
保険の部分床義歯
保険の「引っ掛ける」タイプの部分入れ歯です。
入れ歯を支えるために「クラスプ」という金属のバネを歯に引っ掛ける必要があります。
そのため見た目が悪くなってしまいますが、保険では全てこのタイプの部分入れ歯になります。
コーヌス・テレスコープ義歯
保険外の「かぶせる」タイプの部分入れ歯です。
残っている歯に金属冠をかぶせ、その上からはめ込むようにして入れ歯を装着するので、
クラスプが必要ありません。
機能的には非常に優れていると思われますが、技術的に難しいという欠点があるため、
行っている歯科医院は多くありません。
スマイルデンチャー
「スーパーポリアミドナイロン樹脂」という素材で出来ている部分入れ歯で、
薄く、軽く、弾力のある入れ歯です。
非常に見た目が良く、笑っても入れ歯だとほとんど分からないので
笑顔に自信が持てるということからこの名が付きました。
ホワイトクラスプ
クラスプに金属ではなく、白いプラスチックを使用したものです。
金属よりもかなり目立ちにくく、今まで使っていた部分入れ歯のクラスプをホワイトクラスプに変える事も
可能なので、新たに義歯を作り直さなくて良い場合もあります。
アタッチメント義歯
アタッチメントには様々な種類がありますが、左の図はクラスプではなく、
磁力で入れ歯を固定する「磁性アタッチメント」と呼ばれるものです。
OPEN
「もうひとつの家族みたいなクリニック」