TOP > 診療案内 > 入れ歯・精密義歯 > ノンクラスプ義歯
入れ歯・精密義歯
ノンスクラプ義歯
ノンクラスプ義歯とは?
金具を一切使わない部分入れ歯であり、 素材は柔らかく大きく曲げても割れることがありません。
また金具を使わなく、素材は歯茎と同じピンク色なので、 装着していても目立たないのが特徴です。
長所
  • 薄く、軽く、弾力があるため、装着感が良い。
  • 非常に見た目が良く、笑っても入れ歯だとほとんど分からない。
  • 金属を使用しないので、金属アレルギーの心配がない。
短所
  • 残っている歯の状態によっては使用できない場合がある。
  • 噛む能力は高くない場合が多い。
  • 定期的に作り直す必要があるので、ランニングコストがかかる。
保険診療の入れ歯との違い
保険診療の入れ歯ですと、バネという金具を使用しており、入れ歯を支えるために自然歯にこのバネを引っ掛けるため、調整しても痛みが出やすいです。
さらに入れ歯自体が分厚くなってしまう傾向があるので、お食事の際などにも痛みや違和感がよくあります。
また保険診療の入れ歯だと割れてしまったりすることがあります。

しかしノンクラスプデンチャーは対照的に、軽くて柔らかいため装着感も普通の入れ歯と比較して違和感が少ないのです。
OPEN
「もうひとつの家族みたいなクリニック」