TOP > 診療案内 > 入れ歯・精密義歯 > 総義歯
入れ歯・精密義歯
総義歯
総入れ歯とは?
歯が1本も残っていない場合には、総入れ歯(総義歯)による治療になります。

健康保険適応の総入れ歯はプラスチックのものしかありませんが、保険外の総入れ歯には様々なタイプのものがあります。
総入れ歯の種類
保険の総入れ歯
義歯床がプラスチックで出来ています。
プラスチックの入れ歯は分厚くなりやすく、しゃべりにくかったり、違和感が強かったりすることがありますが、
治療費が安い、修理がしやすいといったメリットもあります。
金属床義歯
金属は強度が強いので入れ歯を薄くすることができ、保険のものよりもしゃべりやすかったり、
違和感が少なかったりする入れ歯を作れる可能が高くなります。
シリコーン義歯
義歯床の一部がシリコンで出来ています。
シリコンは軟らかいので、「入れ歯が当たって痛い!」ということが少なくなり、良く噛めるようにもなります。
デメリットは汚れが付きやすいことと、値段が高いことです。
アタッチメント義歯
アタッチメントには様々な種類がありますが、左の図はクラスプではなく、
磁力で入れ歯を固定する「磁性アタッチメント」と呼ばれるものです。
インプラント義歯
アタッチメントには様々な種類がありますが、左の図はクラスプではなく、
磁力で入れ歯を固定する「磁性アタッチメント」と呼ばれるものです。
OPEN
「もうひとつの家族みたいなクリニック」