TOP > 小児科治療のスタンス
連携医院
当医院における小児科治療のスタンス
小児科治療
健康な大人と成長途中にある子供とでは、<歯による影響>が違います。
大人と比較できないほど重大です。
虫歯になりやすい年齢は2才から15才と言われています。
もしお母さまが、「子供の虫歯は、大人の歯に生えかわるからほっておいても良い」
と思っているのでしたら、お子さんが一生、虫歯で苦しみ続ける事になるかもしれません。
逆に「乳歯を大切にすればきっと大人の歯も健康になってくれる」と、思っているのでしたら、
お子さんは永久歯の虫歯で困ることは、ありません。
大人になってから歯の治療が必要となる頻度は発育期である子供の歯への取り組みで大きくかわります。
小さい子は、泣かないで虫歯の治療をうけるのは無理かもしれません。
でも、連れてきてあげてください。
お母さまは子供の嫌がる様子を見るのはつらいかもしれません。
でも、連れてきてあげてください。
歯の健康に取り組もうとしている子供に対して、のとはら歯科クリニックは全力でサポ―ト致します。
OPEN
「もうひとつの家族みたいなクリニック」