TOP > 診療案内 > 矯正治療 > 矯正治療
矯正歯科
矯正治療
矯正治療の相談に行くと治療することになる・・・と心配しておられませんか?
そんなことはありません。
矯正相談は、あなたやお子様の歯並びを拝見して、その人に合った治療方法をご説明するものなのです。
もちろん矯正料金もご質問ください。
日ごろの疑問(神様ではないので全てとはいいません)が解けてすっきりしてお帰りいただけます。
矯正治療をうけるかどうかは、お家に帰ってゆっくりお考えください。
矯正歯科(歯列矯正)とは?
矯正歯科(歯列矯正)とは、ガタガタの歯並びや出っ歯などを、きれいな歯並びにする治療です。

矯正には様々な方法がありますが、歯に「ブラケット」という装置を取り付け、そこにワイヤーを通して
少しずつ歯を動かしていく「ワイヤー矯正」が最も一般的な矯正法です。

他にも舌側矯正、インプラント矯正など様々な矯正法がありますので、それぞれの内容・特徴を知り、
あなたに合った矯正法を見つけましょう!
矯正の種類
ワイヤー矯正
従来は、ギラギラとした金属製のブラケットを歯に装着することから、審美面を気にする患者さんなどを中心に敬遠されがちでしたが、
最近では、セラミックやプラスチック製の透明なブラケットを使用することで目立ちにくい矯正歯科治療を選択することも可能となり、
また、歯の裏側にブラケットを装着するタイプの裏側矯正では、他人に気づかれることなく矯正歯科治療ができるようになりました。

ワイヤー矯正は、歯列矯正治療法の中で、最も利用されている治療法であるため、
  • 比較的多くの矯正歯科医院で施術を受けることが可能
  • 技術革新も進んでおり、審美性の改善、装置の小型化、治療期間の短縮化、痛みの軽減といった患者にとっての負担が従前と比較して軽減されてきていること
  • マウスピースなど他の矯正歯科治療法では対応できないケースであっても、ワイヤ矯正は基本的に全てのケースで可能
  • マウスピースなどと違って自分で取り外しが出来ないため、治療効果が高い
一般的なワイヤー矯正
ワイヤー矯正は歯にブラケットを付けなければならないので見た目があまり良くありませんが、
最もよくおこなわれている矯正法なので十分な実績があり治療期間が比較的短くなります
目立ちにくい矯正装置(クリアーブラケット、セラミックブラケット)
金属ではなく、プラスチックやセラミックなどで作られたブラケットを使用する方法です。
金属を透明のプラスチックや白いセラミックにすることで、かなり目立ちにくくなります。
しかしワイヤーは見えること、多少治療期間が長くなる傾向があること、
治療費が割高になることなどのデメリットもあります。
舌側矯正
舌側矯正(リンガルブラケット)とは、ワイヤーやブラケットなどの矯正装置を全て歯の裏側に付けるので、表側からは矯正をしていることがほとんど分からなくなる方法です。

最も目立たない方法ですが違和感が強いこと、治療期間が長くなる傾向があること、
歯を並べることが難しくなること、治療費が割高になる(約1.5倍)ことなどのデメリットもあります。
その他の矯正
クイック矯正
クイック矯正(補綴矯正)とは、ラミネートベニアやクラウンなどの人工の歯(補綴物)を使用することによって、2週間程度で歯並びを良くする方法です。
「矯正」の名は付いていますが、実際に歯を動かすわけではないので、厳密には矯正法とは呼べないかも知れません。
クイック矯正の最大のメリットはその名の通り、通常何年もかかる矯正がほんの数週間で終わるということです。
インプラント矯正
インプラント矯正とは、まだ新しい方法で行っている歯科医院は多くありませんが、矯正にかかる治療期間が約半分ほどに短縮され、良い治療結果も得られやすい注目の矯正法です!
インプラント矯正ではインプラント(またはミニインプラント)を固定源として使用することによって歯の確実な移動が可能となり、その結果治療期間が大幅に短縮され、さらに良い治療結果が得られやすくなります。
インプラント矯正は、舌側矯正と同時に行われる場合もあります。
OPEN
「もうひとつの家族みたいなクリニック」