TOP > 診療案内 > 矯正治療 > マウスピース矯正
矯正歯科
マウスピース矯正
マウスピース矯正とは
マウスピース矯正とは、「アライナー」という透明のマウスピースを使用する方法です。

他の矯正法とは違い装置が取り外し式で、ブラケットやワイヤーも装着しないので最も目立ちませんが、
この方法は多くの場合、歯を抜かなくても済むような比較的簡単な矯正治療にしか適用できません。
(通常のワイヤーを使った矯正と併用する場合もあります)
長所
  • あらゆる矯正法の中で、最も目立たない。
  • マウスピースは取り外し式なので、清潔。
短所
  • 歯を抜かなくて済むような、比較的簡単な矯正にしか使用できない。
  • ほとんど1日中マウスピースを装着しておく必要があるが、
    これは患者本人が行うため、患者がマウスピースの装着をさぼることがある。(さぼると治療期間が延びる)
  • 矯正によって歯根吸収(歯の根っこが溶けてしまうこと)が起こってしまうことがある。
    歯根吸収の原因は不明だが、万が一重度の歯根吸収が起こってしまった場合には、矯正治療の中止や、歯の連結・固定などが必要になることもある。
マウスピース矯正の治療の流れ、治療期間
マウスピース矯正は比較的簡単な矯正の場合に行いますので、治療期間も約半年~2年と矯正の中では短めです。
ただし、通常のワイヤーを使用した矯正等と併用する場合もあります。
(ワイヤー矯正の仕上げにマウスピースを使用するなど)
術前検査・虫歯や歯周病の治療・抜歯など
まずは矯正を行うにあたり必要な検査を行いますが、虫歯があったり歯周病があったりする場合には、
矯正を始める前にそれらの治療を終えておく必要があります。
また、ケースによっては何本か歯を抜くことが必要になることもあります。
(特に親知らずは、多くのケースで抜くことになります)
アライナー(マウスピース)による歯の移動(動的矯正期間)
この期間は、患者さんの状態により大きく異なります。
保定
矯正で動かした歯は、放っておくと必ず元に戻ろうとします。
そのため、矯正が終わった後には歯の後戻りを防ぐために「保定」というものを行わなくてはなりません。

保定装置には様々なものがありますが、
マウスピース矯正を行った場合にはこのマウスピースをそのまま保定装置として使用することが多くなります。

この「保定」をちゃんと行わないと、せっかくきれいに並んだ歯が後戻りしてしまいます。
(保定期間中も数ヶ月に1回程度通院が必要になることがあります)
OPEN
「もうひとつの家族みたいなクリニック」