TOP > 診療案内 > 口腔外来・スポーツ歯科 > 顎関節症
口腔外来・スポーツ歯科
顎関節症
顎関節症とは
顎関節症は、
顎関節部および咀嚼筋の疼痛(顎やその周りの筋肉が痛い)
関節雑音(関節の音がなる)
開口障害(口が開けられない)ないし顎運動異常(顎の動きがおかしい)
を伴う「顎の慢性的な疾患」に対する臨床的な診断名として用いられ始めたもので、日本顎関節学会(1996)
は顎関節症を次のように定義しています。
「顎関節症とは、顎関節や咀嚼筋の疼痛、関節雑音、開口障害または顎運動異常を主要症候とする慢性疾患の総括的診断名であり、
その病態には咀嚼筋障害、関節包・靱帯障害、関節円板障害、変形性関節症などが含まれる。」
顎の位置の変化や筋の圧痛(押した痛み)のみの場合は顎関節症に含めません。
頭痛や耳疾患、精神疾患、神経疾患なども含めません。
その病態には以下の1~5を含みます。
1.顎関節症I型:咀嚼筋障害 (咬むための筋肉の障害)
2.顎関節症II型:関節包・靱帯障害 (関節周囲の組織の障害)
3.顎関節症III型:関節円板障害 (関節の中の組織の障害)
4.顎関節症IV型:変形性関節症 (関節の形の変形があるもの)
5.顎関節症V型:I~IV型に該当しないもの
顎関節症のしくみ
正常時
口を開けると下顎が下前方へ移動します。
その時も関節円板は常に下顎頭の上に乗っています。
正常な顎関節はこのように口を開けた時も閉じたときも常に下顎頭の上に関節円板が 乗って噛みしめなどの強い衝撃から関節を 守っています。
関節円板に異常がある場合


口を開けると痛い、大きく口を開けられない、
顎を動かすとカクンカクンという音がするという顎関節症の症状は、
関節円板のズレや変形が原因となっています。

関節円板が前方にズレていたり(前方転移)、変形が大きすぎたりすると、
口を開いたときに、円板の転移によって関節空隙が狭くなり、
シャリシャリといった音がしたり、下顎頭がひっかかって、
痛みを伴う開口障害がおこったりします。

関節円板の変形がそれほど大きくない場合は、ひっかかりがはずれて、
下顎頭が関節円板の下にもぐり込むことができるので、
口を大きく開けることができます。
そのときにカクンカクンという音が出るのです。
顎関節症の治療
顎関節症の治療
関節円板(参照:顎関節症の仕組み)がずれている患者さんの場合、まず、関節円板を元の位置に戻し、
痛みの原因となっている萎縮した筋肉をほぐすことで、緊急に痛みの緩和をおこないます。
その後、咬合調整、スプリント療法などをおこない、かみ合わせの基準を定めて(中心位)治療を進めて、
最終的には「理想のかみ合わせ」をつくることをめざします。
咬合調整
咬合調整とは、かみ合わせにおいて歯が高いところを削り、低いところにかみ合わせをつくるというものです。
OPEN
「もうひとつの家族みたいなクリニック」