TOP > 診療案内 > インプラント > インプラントと従来の治療法
インプラント
インプラントと従来の治療法
歯は、目で見える部分の歯と、それを支える歯根から成り立っています。
歯を失うということは、それを支えている歯根も失ってしまうということです。
歯を1本失った場合、両隣の健康な歯を削って人工の歯をかぶせます。
これが、ブリッジと呼ばれる治療法です。
一方、インプラントは、健康な歯への負担が増加することはありません。
それでは、それぞれの治療法を比べてみましょう。
従来の治療方法 ブリッジ
失った歯の両隣の歯を削って、1本の歯の代わりとなるブリッジを使用します。
長所
  • 短い治療期間となります。
短所
  • 両隣の健康な歯を削る必要があります。
  • 削られた歯への負担が増加します。
  • 歯を失った部分の骨がやせていきます。
インプラント
インプラントとセラミック人工歯を使って、両隣の歯を削らずに治療ができます。
長所
  • メンテナンスをきちんと行なえば、
    長期間にわたって機能と見栄えを維持することができます。
  • 天然歯に近い見栄えです。
  • 健康な歯を削る必要がなく、周りの歯に負担がかかりません。
  • あごの骨が、やせほそるのを防ぐことができます。
  • 自然に噛むことができ、おいしく食べられます。
  • 口元を気にせず、自然に話すことができます。
短所
  • 健康保険が適用されない治療となります。
  • 簡単な手術が必要です。
OPEN
「もうひとつの家族みたいなクリニック」