TOP > 診療案内 > インプラント > インプラント治療の流れ
インプラント
インプラント治療の流れ
インプラントとひとことに言っても、最近ではさまざまな治療法が確立されています。
「インプラントは長くかかるので大変」とよく聞きますが、実際にどのくらいかかるものでしょうか。
ここでは平均的な治療プロセスや治療期間、治療後のメンテナンス方法などについてご紹介します。
最初のインプラント手術を行います。
最初に歯肉を切開し、ドリルで骨に穴を開けます
麻酔をしていますので痛みはありません
骨部分にインプラントを埋入します。
当院の殆どの症例においては、技術の進歩により、歯肉を切開する事なく、
埋入する症例が多くなってきております。
その場合、インプラント術後に患者様が1番気にされている‘腫れ‘の症状が緩和されています。
2次手術は、最初の1次手術より3~6ヶ月ほどの治癒期間をおいてから行います。
この時、インプラントが顎の骨にうまく結合したことが確認できたら、
インプラントに、アバットメント(土台)を連結します。
修復物色や形を患者様の天然歯と合わせなければならないので、
作成に1~2ヶ月程の期間を要します。
その後、完成した修復物をインプラントにかぶせて治療が完了となります。
しかし、インプラントを長く使うためには日々メンテナンスを行ったり、
数ヶ月ごとの定期健診を受けていただく必要があります。
そのため、当医院は患者様と長くお付き合いできるような治療を目指しております。
OPEN
「もうひとつの家族みたいなクリニック」