TOP > 診療案内 > 一般・予防歯科 > 妊娠時の歯周病予防
一般・予防歯科
妊娠時の歯肉炎予防
こうのとり
妊娠中は心も身体もデリケートの時期だと思います。
歯や歯肉が悪化する人が多いのは、
・女性ホルモンの増加
・新陳代謝の変化
・消化液(唾液や胃酸など)の変化など
母体に起こるさまざまな変化が健康状態に大きく影響を与えます。
妊婦さんのお口のサポートが出来るのは基本的に安定期、5から7カ月に
治療を行なうことが可能です。
妊娠すると歯肉が炎症しやすくなります。
妊娠中はつわりなどで歯ブラシが十分に行えないなどのほか、
血液中に女性ホルモンの増加で歯周病菌が増殖します。
それに伴い歯肉に炎症が強く現れるようになります。
歯周病は重症化しやすく、再発する可能性も高くなります。
口腔内を清潔にしていただき炎症を起こさないようにして下さい。
歯肉炎
妊娠中の歯肉炎の原因は、月経時の歯肉炎とほぼ同様で、女性ホルモンの不均衡と増加が働いています。
歯磨きが不十分になってしまう事も歯肉炎が出やすい原因になっています。
治療としては、歯磨き指導と歯石取り(スケーリング)を行います。
歯周病が低体重児出産の原因になります。
歯周病を持つ人のお口の中で繁殖した菌が、
血流を介すことで、免疫細胞が活性化し炎症性の生物活性物質が放出されます。
この物質が羊膜を破裂するように働いて低体重児出産を引き起こす原因とも言われています。
また、この生物活性物質の働きによってプロスタグランディンという物質が活性化すると
子宮収縮と子宮頚部の拡張を引き起こし低体重児出産の要因となります。
喫煙と歯周病
タバコは未熟児や低体重児出産の可能性が高くなるだけでなく、歯周病にもかかりやすくなります。
タバコに含まれるニコチンが白血球の機能を低下させ、
歯周病菌を撃退する免疫機能が下がってしまうためです。
また、喫煙を続けている状態で歯周病を治療しても、治りにくいことも事実です。
妊婦さん自身が喫煙していなくても、ご家族や周りの方が妊婦さんの近くで喫煙すれば、
お腹の中の赤ちゃんにも悪影響を与えてしまいます。
妊婦さんの近くで喫煙しないように気を配りましょう。
赤ちゃんにむし歯菌がうつる
赤ちゃんは無菌的な状態で生まれてきます。
生まれたての赤ちゃんはお口の中にむし歯菌はひとつもありません。
なぜ、むし歯になってしまうのでしょうか?
特に生後19ヶ月~31ヶ月の間(感染の窓と呼ばれています)に、
何かの機会に家族の誰か(主に母親)から、赤ちゃんのお口の中にむし歯菌が感染してしまうからです。
さらに、むし歯の多い母親から感染すると、子供も母親と同じようにむし歯になりやすくなるという報告もあります。
むし歯原因菌は、感染するのが遅ければ遅いほど、その後のむし歯の本数が少ないというデータがあります。
子供の虫歯の予防には、この時期にむし歯原因菌の感染をなるべく遅らせることや数を少なくすることが大切です。
感染防ぐために母親や赤ちゃんの周囲にいる人がむし歯菌を減らすことです。
むし歯菌は唾液を介して感染していきます。
大人が噛み砕いた食べ物を赤ちゃんに口移しで食べさせることはひかえましょう。
ご相談・ご来院を心よりお待ちしております。
OPEN
「もうひとつの家族みたいなクリニック」