TOP > 診療案内 > 一般・予防歯科 > 歯周病治療
一般・予防歯科
歯周病治療
歯周病とは
歯の治療時に歯周病とよく耳にすると思いますが、実感があまりないと思います。
しかし、成人の80%以上が歯周病といわれるほど、歯周病はお口の中に潜む大きな病気です。
それも「なにげない毎日の生活で感染」し「症状がでにくい」からです。
過半数が歯周病とはいえ、「症状や進行速度に個人差」もあります。
それも年齢からはじまり、性別、食生活、生活習慣、ホルモンバランス、ストレス、全身疾患(糖尿病など)まで
要因はさまざまです。
  • 感染なし
  • 口臭なし
  • 歯肉の出血なし
  • 炎症なし
  • 歯肉はピンク色
  • 歯肉の炎症
  • 口臭が酷くなる
  • 歯磨きの時に出血する
  • 口の中が変な味になる
  • 痛みなし→徐々に感じる
  • 歯槽骨が減ってくる
  • 噛めなくなる
歯周病の進行
治療法は進行度によります。従来、歯科医院で行われているクリーニングから
外科的に行なわれるものまで、さまざまです。
最近では、医療用のレーザーと特殊な電気分解水を用いて歯周病菌を殺菌する治療法や
失われた歯周組織を再生させる高度なものまで幅広く存在します。
歯周病予防 歯の平均寿命
自分やご家族の歯の寿命を延ばすには・・・?
まずは自分の歯の本数、虫歯のリスク、歯周病の状態を正しく知ることから始まります。
歯周病治療
歯周病治療は、患者さん本人が、ご自宅で行なっていただくセルフケアが一番大事です。
ご来院いただいた際、歯周組織の状態に合わせて、こちらで適正な処置をさせて頂き、
健全な状態まで改善致します。その後は第一ステップであるブラッシングを徹底して
持続していただける事を目標としております。
ブラッシング(第一ステップ)
歯垢(プラーク)を取り除くには、日頃からの歯ブラシ・ブラッシングが非常に大切です。
日頃の歯ブラシ・ブラッシングで磨けていない箇所などをご理解いただいたうえで、
患者さんご自身にあった歯磨きの方法を(歯ブラシの種類、方法など)徹底して学んでいただきます。
歯周初期治療(第二ステップ)
日頃の歯ブラシ・ブラッシングで磨けていない部位に付着した歯石をスケーリングという手法で、専門的に取り除きます。
必要な部位を痛みなく行うことを心がけています。
歯周外科治療(第三ステップ)
歯周初期治療では取り除きれない部位となる深い歯周ポケットの奥深くは歯石を取り除きにくくなります。
このような場合、歯肉を開いて専門的に歯石などを取り除きます。
歯周再生治療
歯周病で破壊された歯を守っている骨(歯槽骨)は通常再生することはありません。
そのため上記の歯周外科治療だけではなく、近年開発された歯周組織再生誘導材料を用い、
歯周組織の再生を促進させます。
それにより少しでも歯周病の進行を阻止すると同時に、状況によっては元の健康な状態と同じ構造で
組織を回復することができます。
OPEN
「もうひとつの家族みたいなクリニック」