TOP > 診療案内 > 一般・予防歯科 > 歯の神経治療
一般・予防歯科
歯の神経治療
歯の神経まで進行したむし歯治療の際には、通常の治療の他、この根管治療が必要になります。

根管治療とは、歯の神経が通っている穴を専用の器具を使用してお掃除と殺菌などをする治療のことです。
ひどく進行した神経にまで達したむし歯治療の際にはこの根管治療を行いますが、
この根管治療はその歯を残せるか、残せないかの瀬戸際の治療になります。

この歯の土台である部分の治療をしっかり丁寧に行うことで、可能な限り患者さんの歯を抜かずに残すようにしております。
歯を抜くのでなく、残すために
無痛治療の手順
むし歯が進行して神経の通っている根管の先が細菌感染により、炎症を起こしています。

この段階までむし歯が進むと、痛みもひどくなりますが、
この少し前までは少し歯ぐきがうずいたり、たまに少し痛む程度ですので、
あまり自覚がない状態で、気づいた時には抜歯をするかどうかの瀬戸際ということが多々あります。
歯を削り、そこにリーマーと呼ばれる左図のような専用の器具で炎症を
起こした神経や歯石などをきれいにお掃除します。

このお掃除をどれだけきれいに行えるかが根管治療成功のカギとなります。
キレイにお掃除が完了した根管に、消毒薬を流し込み、徹底的に殺菌・滅菌します
殺菌され、きれいになった根管に根管をうめる殺菌効果のある歯科材を埋めます。
根管を埋めたあとは削った部分を歯科材で埋めます。
最後に、歯の表面を形成し、根管治療の成功となります。

これはまだ抜歯をしなくて済んだケースですが、
根管の炎症や損傷がひどい場合は抜歯をしなければならなくなることもあります。

歯が痛む前に、定期的に歯科にお越しいただき、定期検診を受けてください。
OPEN
「もうひとつの家族みたいなクリニック」