TOP > 診療案内 > 一般・予防歯科 > 歯周病菌と女性ホルモン
一般・予防歯科
歯周病菌と女性ホルモン
女性の方が男性より歯周病にかかりやすい理由
歯周病菌と女性ホルモンは、密接に関わっています。
それは歯周病菌が女性ホルモンを栄養源としているからです。
女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンが多量に分泌されることにより
血液循環が促され、歯肉は炎症をおこしやすくなります。
女性のお口の中は、さまざまなライフステージも変化します。
1.思春期
思春期になると、エストロゲン、プロゲステロンという性ホルモンの分泌が始まります。
プロゲステロンは、歯肉に分布している血管系に作用して、炎症反応を増幅させます。
口腔内を不潔にすると、歯肉が腫れ易くなってしまいます。
2.月経期
月経開始の数日前からプロゲステロンの作用により、
・歯肉は浮腫性で赤みを帯び易くなる。
・月経時には、歯肉溝(ポケット)浸出液の増加がみられる。
・歯肉から出血し易くなる。
・知覚過敏になることもあります、時には歯の動揺が微増する。
・口内炎、ヘルペスが発症することもあります。
3.妊娠期
妊娠期は、ホルモンの変化による歯周病の発症だけでなく、つわりによりお口のケアが
不十分になる事で、虫歯の危険にもさらされます。
また、重度の歯周病の妊婦からは、早産、低体重児の出生率が健康な妊婦の7倍にも
なるという報告がなされています。
4.更年期
50歳以降になると「更年期障害」に悩まされる傾向があります。
女性ホルモンには骨の添加・吸収の働きがあります。
閉経と共に「骨粗しょう症」になり易いのもそのためです。
歯周病が進行している方は、骨粗しょう症により歯槽骨が弱くなり、歯が抜けやすくなります。
最近は、若い女性にも骨密度の低い人が見られ出しています。
また、この時期には、さまざまな口腔内での症状が現れてきます。
知覚過敏、歯肉に灼熱感がみられたり、舌痛や味覚異常が生じることもあります。
OPEN
「もうひとつの家族みたいなクリニック」