TOP > 診療案内 > 一般・予防歯科 > むし歯治療
一般・予防歯科
むし歯治療について
虫歯は、進行段階によってC0~C4の5段階に分類されます。
詳しい症状と治療法は以下の通りです。
C0
歯のエナメル質が少し溶けている状態です。
痛みなど自覚症状はなく表面に白濁が見られます。
治療法
この段階であれば、毎日の適切なブラッシングやフッ素塗布で完治可能です。
C1
虫歯菌の出す酸にエナメル質が溶かされ始めています。
まだ痛みなどの自覚症状はありません。
治療法
虫歯の部分を削り、詰め物で補います。
C2
虫歯が深く進行している状態です。
冷たいものや甘いものでも痛みを感じます。
治療法
虫歯の部分を削り、詰め物で補綴します。
(麻酔を必要とする場合があります)
C3
歯の神経にまで虫歯が進んでいる状態です。
激しく痛みます。
治療法
神経を取り除き、根の治療を行ない、被せ物で対応します。(麻酔が必要です)
C4
歯の根まで虫歯が達している状態です。
歯の神経がないため痛みは一時的に無くなりますが、
歯周炎となり激痛や処置としては抜歯の可能性があります。
治療法
根の治療や被せ物、または抜歯の上、ブリッジや義歯、インプラント治療となります
削らない新しい虫歯の治療法
カリソルブ(無痛虫歯治療薬)
カリソルブを使用した治療の流れ
「カリソルブ」を虫歯に塗ります
主成分は【次亜塩素酸ナトリウム】と【3種類のアミノ酸】
※虫歯の入り口が狭い時は少し削り、拡げ、薬液・器具が入るようにします。
30秒~数分くらいで柔らかくなってきます
虫歯によって変性したコラーゲンの部分に作用して浮き上がってきます。
削らずに手用器具で虫歯を除去
やわらかく・簡単に虫歯だけとれるので「嫌な音がする」ドリルの器械はなしでできます。
除去した穴に白い材料をつめ研磨します。

カリソルブを使用した治療の長所・短所
長所
  • 治療時の痛みが少ないため無麻酔下での治療が可能
  • 無麻酔下でできるため、注射嫌いな小児、大人、全身疾患のある高齢者、麻酔アレルギーの患者様に有効
  • ドリルの「削る音・振動が苦手」な歯科恐怖症の患者様に有効
  • 虫歯のみ作用し、健康なところには作用しないため、削る場合より歯質の削除量が少ない
短所
  • C1~C2が適応(神経まで到達したC3,C4,薬液の塗りにくい所は適応外)

新しい虫歯治療法3MIX-MP法
3MIX-MP法は従来、神経を除去しなければならないとされていた深い虫歯(C3)に対する治療法で、
神経を処置せずに、神経に近い部分の感染した歯質を一層残し3MIXを貼薬することにより、
虫歯の無菌化を図り、歯の再石灰化を促し神経を保護する治療法です。
3MIXの成分
アスゾール(メトロニタゾール)
ミノマイシン(塩酸ミノマイシン)
シプロキサシン(シプロフロキサシン)
以上の薬剤にアレルギーがある方は必ずお申し出下さい。
3MIX-MP法の長所・短所
長所
  • 神経を残して治療できる
  • 歯を削る量が少なくてすむ
  • 治療回数が少ない
  • 麻酔の量が少なくてすむ
短所
  • 歯の石灰化には通常3ヶ月程度かかるので完治までが長い
  • 定期的なチェックが必要
  • 神経の処置が必要かどうか判断に時間を要する
  • 詰め物がはずれやすいことがある
※全ての虫歯に適応できるわけではありません。適応できるかは歯科医師が判断いたします。
3MIX-MP法の治療の流れ
虫歯を可能な限り除去し3MIXを貼薬し仮の詰め物をします。
1ヵ月後に症状をチェックします。
急ぎの方は、この時点で最終的な詰め物を作製することも可能。
但し3ヶ月以内に症状が悪化した時は、詰め物を外して神経処置になります。
3ヶ月後にレントゲンで再度確認し、最終的な詰め物の作製をします。
3MIX-MP法では神経を残すために、虫歯菌に感染した象牙質を一層残すので、
その層に詰め物の接着力がありません。
よって残っている新鮮な歯質で詰め物を接着させる必要があります。
そのことから、通常の詰め物よりも多少大きな詰め物にしなくてはならないのです。
※白い詰め物での修復をご希望の方は自費の材料をご用意していますのでお申し出ください。
ドックベストセメントについて
ドックベストセメントとは神経にまで達した虫歯でも、
銅の抗菌力により神経を残すことが期待できる治療法です。
利点
  • 神経を残すことができるので歯の寿命が長くなる
  • 治療回数が少ない
  • 無菌化するので内部から虫歯になりにくい
  • ほとんど削らないので治療中の痛みが少ない
欠点
  • 大きすぎる虫歯では治療後に痛みがでる可能性がある
  • 若干取れやすい
  • 保険適応外である
従来の治療法(3-mix)との違い
ドックベストセメント 3MIX
状態 セメントなので固い 固まらない
予後
(歯を削る量が最小限の為痛みが出にくい)
作用の持続性 抗菌力は永続的 翌日には消失
作用の持続性 天然ミネラル 抗菌薬
出にくい 出る可能性あり
治療の流れ
診査(レントゲン撮影など)
虫歯の除去
※ほとんど削りません
ドックベスト充填
2~3ヶ月おきに経過観察を行います
最終補綴
※ドックベストセメント充填後は定期的なチェックと
虫歯予防の処置(フッ素塗布、MIペースト塗布)をしましょう。
OPEN
「もうひとつの家族みたいなクリニック」