TOP > 診療案内 > 一般・予防歯科 > 麻酔
一般・予防歯科
麻酔
歯の治療に対して痛い、怖いなどのイメージがある方も多いと思います。
のとはら歯科クリニックでは表面麻酔や、電動式麻酔などを用いる事で可能な限り痛みがなく、
怖くない治療に努めております。
のとはら歯科クリニックの無痛治療に対するこだわり
  • 身体には痛点が多いところと少ないところがあり、最初は痛点の少ないところや
    痛みのないところから刺入して、徐々に効かせたい所に麻酔していきます。
  • 最初は針を浅く入れます。(いきなり針を深く入れると痛いため)
  • カット面の鋭いメーカーの注射針を使用しています。(スムーズに刺入でき痛みが少ないため)
  • 表面麻酔(刺入する前の麻酔)を長めにしています。
  • 注射針は超極細(33G)を中心に使用しています。
  • 麻酔液を体液と同じ37℃にしています。
  • 刺入しやすいように粘膜を引っ張り、緊張させてから行ないます。
  • 刺入点を圧迫してから麻酔します。
  • 麻酔アレルギー対策のため、刺入する前に2~3滴、麻酔液をたらして様子をみてから刺入します。
「歯医者に行かなきゃいけないのは分かるけど、痛いのが嫌で・・・」
そうやって、つい歯科医院から足が遠のいている方も多いのではないでしょうか。
確かに痛いのは嫌ですよね。

しかし、痛いのが怖いからといって虫歯を放っておいては、ますます悪化します。
虫歯は放っておいても絶対に治りません。また、痛みが嫌で治療を中断してしまっては、
確実に悪化してしまい、残せたはずの歯を失うという最悪の結果にもつながります。

ただ、実は歯科医師である私も、痛いのは嫌です。歯科医師になる前は『歯科医院が苦手』な子供でした。
とにかく、痛いのが怖かったのです。だからこそ、皆様の「痛いのが怖い」という気持ちが良く分かります。

そこで、当院では恐がりな院長でも安心できるレベルのできる限り
『痛くない治療』の実現を目指そうということで、様々なこだわりをもっています。

痛みが苦手な方も、歯科医院から足が遠のいてしまっている方も、ぜひ安心して治療に通って下さい。
無痛治療の手順
当院で行っている麻酔の手順
※激痛時は、治療後の痛みが予想されますので事前に痛み止めや抗生剤などを服用してもらう場合があります。
表面麻酔
針を刺す前に痛みを軽減するためにゼリー状の麻酔を2~5分間、
刺入点に置き、歯茎の表面を麻痺させます。お子様にも安心です。
やさしい注射器(無痛の麻酔注射)
痛みを抑えるためには最も細い針を使用します。
のとはら歯科クリニックでは一般的に使用されているものより
断然細いと言われる33ゲージを使用しています。
左が33G右が27Gになります。
最新のハイテク電動注射
最新の電動注射器の使用で痛みの少ない治療を行っております。
歯医者さんが痛くて怖いと不安に思われている方は、是非ご相談ください。
痛みを軽減するための確かなテクニックをご提供いたします。
不安な点はどんなことでもお気軽にご相談ください。
断然細いと言われる33ゲージを使用しています。
世界初、コンピュータ制御コードレス注射器"アネジェクト"は「注射開始から注入速度が緩やかに上がる」
痛みのない理想的な注射をコンピュータが自動的にコントロールします。
テクニック
針がスムーズに刺せるように粘膜を引っ張り緊張させ、
刺入点を指で圧迫した後、針を動かさずに歯肉を振動させて、
一定の速度で薬液を入れることにより、さらに痛みを軽減します
麻酔薬カートリッジウォーマー
麻酔薬を体温と同じくらいに温めることで、
液体を体内に入れる時の刺激を減らし、痛みも軽減されます。
患者様の心のケアも
今までの痛みへの恐怖心や、麻酔の経験をヒアリング
「麻酔はなかなか効かない」
「針の痛みが苦手」
「効き過ぎて、治療後に困った」
といった経験やお悩みがある方が多くいらっしゃいます。

このように、麻酔の効き方も、どの痛みに恐怖心をお持ちなのかは人によってかわります。そして、
その患者様ごとに対処方法も変わってきます。

ですので、いきなり麻酔を打ったりすることなく、過去の経験をしっかりとヒアリングさせて頂いて、対処しています。
声かけをしながら麻酔を行います。
もし、麻酔が効きにくかった場合と、その対処法

麻酔をしたのに痛かったという経験があるかもしれません。
歯科治療では、下記のようなな条件下では麻酔が効きにくいことがあります。

(麻酔が効きにくい時)
・炎症の痛みが強いとき
・膿が溜ってしまっているとき
・下顎の奥歯(周りの骨の影響で、麻酔液が浸透しにくい場合がある)

(もし効かなかったときの対処法)
※麻酔が効いていないときには、すぐに伝えて下さい。対処法は下記の通りです。

・治療を中断して薬を処方する(炎症が治まるまで薬を処方します)
・麻酔の量を増やす(身体に悪影響はありません)
・少し我慢して頂く(痛みの程度や症例により、治療を続けた方が楽な場合があります
OPEN
「もうひとつの家族みたいなクリニック」