TOP > 診療案内 > 小児歯科・小児矯正 > 歯ブラシ指導
小児歯科・小児矯正
歯ブラシ指導
虫歯予防は、定期的なメンテナンスを行うことで、天然歯や治療が終わった歯をできるだけ長く、良好な状態で保持することが重要です。
お口の中は患者様それぞれによって違うものです。
1人1人にあった歯磨き指導やメンテナンス期間などのアドバイスを行っています。
乳幼児期の歯の手入れ
皆さん、乳歯はいつ頃から生えるかご存じですか。
生後6ヶ月頃に下の前歯から生えることが多いですが1歳のお誕生を迎えてもまだ生えていないこともあります。
乳歯が生える時期はお子さんによってかなり差があるものです。
歯が生えるのが遅いことは悪いことではありません。
逆にあまりにも早く生えすぎた場合には授乳の時にお母さんの乳首を傷つけたり、赤ちゃんの舌に潰瘍を作ることもあります。
その場合は小児歯科にご相談下さい。
下の前歯が生えてきたからといって寝かしつけの授乳をやめる必要はありません。
下の前歯だけならあまり気にしなくても良いと思います。
上の前歯は下の前歯と違って、むし歯を作りやすいところです。
就寝時の授乳は統計的にも、むし歯ができるリスクが高くなります。
しかし、卒乳を早く勧めるものではありません。
上の前歯が生え初めたら、ガーゼで上唇と上の歯の間に貯まったミルクをやさしく、ふき取って下さい。
口の中をさわることは歯みがきをする為の練習にもなります。
では歯ブラシを使った歯みがきはいつ頃から始めたら良いでしょう。
歯みがきをいつから始めるかは、歯の生え方で決めて下さい。
上の前歯がぴったりとくっついているお子さんはそれだけでむし歯を作りやすいですので歯みがきを始めます。
水だけをつけた歯ブラシでみがきましょう。
上の前歯に隙間が空いていても奥歯が生え始めると歯みがきを始めるようにしましょう。
やさしく話かけながらみがいてあげてください。
歯の手入れはお母さんが
現在、保健センターでもそうですが、幼児の歯みがきは、歯ブラシに慣れさせるために
まずは本人(幼児、1歳児)に歯ブラシを持たせて磨かせてからお母さんなどの大人に人が仕上げみがきをして下さいと指導しているようですね。
NHKのおかあさんといっしょでも歯みがきの歌が流れますよね。
歌詞の中でも「仕上げはおか~さん」と歌っています。
私は以前から疑問に思っており、私の診療室ではお母さんに幼児に歯ブラシを持たせるのは勧めていませんとお話ししています。
幼児に歯ブラシを持たせるのを勧めない理由
  • 幼児(1~2歳児)に歯ブラシを持たせるのは危険。くわえたまま遊ぶことになるため。
  • 1~2歳児に歯ブラシを持たせると、ただかんでいるだけで歯ぐきを傷つける可能性がある。
    歯ブラシもすぐに痛んでしまう。
  • 2歳頃になると反抗期になり、自分が磨いたからもういい(仕上げ磨きを)
    と言って拒否しだすことがある。 最初から親が磨く習慣がついている場合は拒否しない。
  • 1日に数回歯みがきをするが、本人、母親とすると時間がかかる。
    最初からお母さんがすることによって時間短縮ができる。
    母親のストレスの軽減にもなる。
OPEN
「もうひとつの家族みたいなクリニック」