TOP > 診療案内 > 小児歯科・小児矯正 > フッ素塗布・予防
小児歯科・小児矯正
フッ素塗布・予防
フッ素による予防・治療
乳歯や生えたての永久歯は歯の質が弱いため、定期的にフッ化物やアパタイト、
カルシウム製剤などを歯に作用させて歯質を化学的に丈夫にすることが大切です。
また、効果的にフッ素を作用させると初期虫歯も治すことができます。

必要であればフォーム状のフッ素をお子さまのお口の大きさに合わせた専用のトレーに入れて3~5分間作用させています。
このような処置を3~4か月毎に行うことで、歯質を強化し初期虫歯を修復させることで虫歯を予防していきます。
シーラント(予防填塞、よぼうてんそく)
奥歯の溝をむし歯になる前にフッ素を放出するお薬でうめてしまう方法です。保険可。
健康な歯は複雑に溝が深く入り込んでいる場合があり
溝に詰まった汚れが歯ブラシだけでは完全に取りきれないという場合もあります
溝に詰まった汚れが最悪虫歯を引き起こすことがあります
虫歯になりやすそうな深い溝にリン酸エッチングを流し込みます
光照射を当て固めます
綺麗に溝が埋まりました
OPEN
「もうひとつの家族みたいなクリニック」