TOP > 診療案内 > 小児歯科・小児矯正 > 乳歯の抜歯
小児歯科・小児矯正
乳歯の抜歯
ご存じのとおり、乳歯はいずれ永久歯と入れ替わり、抜け落ちるようにできています。
なので『いずれ抜ける乳歯を抜く事に意味があるの?』と思われる方もいらっしゃると思います。
確かにいずれ抜け落ちるのですが、場合によっては抜歯をしなくてはならないのです。
抜歯の必要なケース
重度の虫歯
乳歯は虫歯の進行が大変早いです。
ちょっと放置するとあっという間に歯に大きな穴が開き、強烈な痛みを訴えます。
こうなってしまうと有効な治療はありません。麻酔をして抜歯することになります。
永久歯の生え方に問題が出た場合
通常永久歯は乳歯を押し上げつつ、乳歯の根を吸収しながら出てきます。
しかし、時としてなんらかの原因(あごの発育や乳歯の歯並びなど)で乳歯の内側や外側、横から生えてきたりすることがあります。
そのまま放置してもきれいに生え変わる可能性もあるのですが、こういう場合は頃合いを見て乳歯を抜いた方が正常な位置への修正が速く、
歯並びが悪くなるのを未然に防ぐことができます。
また永久歯が生えて来る位置が大きく狂うと乳歯の根が十分に吸収されず、永久歯がしっかり生えても乳歯が残ってしまうケースもあります。
歯が乳歯と永久歯で二重になると見た目にも良くないだけではなく、噛み合わせの不都合の原因や、食べ残しが詰まりやすくなり、
口臭や虫歯の原因となります。
また、隣に生えてくる永久歯にも影響を与えて歯並びが悪くなる原因にもなります。
歯の下に膿ができる
乳歯の下(歯茎)が化膿して、膿がたまってしまった場合、歯を抜かなくてはならないケースがあります。
膿のすぐ下に永久歯がある場合です。
乳歯を押し上げる段階でなんらかの原因で化膿してしまうと厄介です。
膿を出さなくてはならないので必然的に乳歯を抜くことになる場合があります。
歯を損傷した場合
歯をぶつけたり、圧力がかかり過ぎたりして乳歯が折れたり割れたり、位置がずれたりした場合も抜歯をする可能性があります。
折れたり割れたりした乳歯を放置する事はできませんし、位置がずれるなどすると、表面的にはわからなくても、神経の損傷のおそれがあります。
だんだん歯の色が悪くなったり、神経が壊死したりする恐れがあります。
乳歯といえど、神経が死んでしまうと大変です。
6歳前後から永久歯に生え変わり始める
永久歯の交換が始まる時期は6歳前後ですが、子供によって早い人もいれば遅い人もいます。
下の歯の前歯から始まります。
下の歯は前歯から順番に進み最後に乳歯の奥歯が生え変わり、上の歯は前歯から生え変わり最後は犬歯が生え変わります。
12歳くらいまでに完了します。
生え変わりは個人差が大きく5歳くらいから始まる人もいれば14歳になっても乳歯が残っている人もいますので、
前後2年くらいは範囲の中だと思ってください。
OPEN
「もうひとつの家族みたいなクリニック」