TOP > 診療案内 > 審美歯科 > ジルコニアセラミック
審美歯科
ジルコニアセラミック
ジルコニアセラミック
ジルコニアセラミックとは、通常のオールセラミックスクラウンの内側にジルコニアを使用しものです。
従来のセラミッククラウンよりも強度が高くなり、奥歯や複数歯の連結されたブリッジなどにも使用範囲が大幅に広まりました。

ジルコニアは腐食にも強く、生体親和性が高いので、医療分野でも広く使われ、歯科治療における審美性の高い素材としても人気があります。
長所
  • 通常のオールセラミックより透明度が高いので、歯ぐきも明るく見える
  • 金属よりも硬く丈夫
    (曲げ強度が高いので割れにくい)
  • 金属アレルギーが起こらない
  • 自然な噛みごこちで軽い(金の1/3の軽さ)
  • 変色のない材料である
  • 通常のセラミック処置より歯を削らずにすむ場合ある
  • 奥歯でも使用が可能である(咬む力が強い方でもOK)
短所
  • とても硬いので、セット後に問題が生じた場合除去が困難
  • 接着力をあげる場合、専用のセメントを使用しないといけない
  • 外側は通常の陶材(セラミック)なので、外側が割れる場合がある
OPEN
「もうひとつの家族みたいなクリニック」