TOP > 診療案内 > 審美歯科 > 貼る治療
審美歯科
貼る治療
歯の色や形が悪い場合、歯の表面を0.5~1ミリ削り、ラミネートベニア(シェル状の薄いセラミックス)を貼って修復します。
  • 素材がセラミックスなので磨耗が少なく、比較的長期にわたってもちます。
  • 麻酔などの処置なしで、短時間ででき、治療日数も短く済みます。
  • 自然な色調で、変色もしにくく光沢が長持ちします。
  • 歯の表面にあるエナメル質を薄く削る必要があります。
  • セラミックスなので費用がかかります。
ラミネートべニア
歯の表面(0.5~0.7mm、エナメル質の範囲内)を薄く削って、セラミック製の薄いプレートを貼り付ける治療方法です。
2~3回の来院で終了してしまい、たいへん美しく自然に仕上がる治療法です。
そのため、芸能人やモデルの方が多く利用する治療方法です。歯の隙間を埋めたり、歯の形を変えたりすることもできます。

歯の色が気になる、前歯に隙間があって気になる、前歯の形をもう少しバランスよくしたい、
少しだけ歯並びを直したいけれど時間がかかるのは嫌だ、などと悩まれている方に適しています。
OPEN
「もうひとつの家族みたいなクリニック」