TOP > 診療案内 > 審美歯科 > ハイブリッドセラミック
審美歯科
ハイブリッドセラミック
ハイブリッドセラミック
セラミック(陶器)の粒子とレジン(プラスチック)を混ぜたもので作られた修復物です。
「ハイブリッドセラミック」と呼ばれています。

セラミックよりもやわらかく、対合歯にも優しいというメリットがありますが、色調は多少劣り、唾液を吸収し、経年的に変色します。
長所
  • 硬すぎず軟らかすぎず、粘り強さがある
  • 保険の修復物と比べ唾液の吸収が少ない
  • 保険の修復物と比べ変色が少ない
  • 適度な硬さで対合歯に優しい
  • 歯と同じ色で審美性がある
短所
  • 素材にプラスチックが混合されているため、年数がたつと水分などを吸収し変色しやすいので、定期的にやりかえが必要になることがある
  • 金属に比べると耐久性はやや劣る
【ハイブリッドセラミックとセラミックの違い】
ハイブリッドセラミックはセラミックに比べると、やや透明感は劣りますが、ほとんど変わらないくらいの違いです。
ハイブリッドセラミックは適度な粘り強さを兼ね備えていますが、耐久性がやや弱い為歯ぎしりや食いしばり等の癖のある人、噛む力の強い人には、小臼歯の修復物としては適しているといえます。
OPEN
「もうひとつの家族みたいなクリニック」