TOP > 診療案内 > 審美歯科 > かぶせる治療(土台)
審美歯科
かぶせる治療(土台)
むし歯が進行してしまい、歯を削って治療しなければならない場合があります。
そして、インレーや冠をかぶせます。歯の欠損が大きい場合、冠をかぶせるための土台(コア)を作ります。
土台となる歯(支台歯形成)を作ったら、歯形を取り、歯形にあった冠を作成し、支台歯にかぶせれば治療完了です。
保険適用内での治療
メタルコア
保険で欠損が大きい歯の治療する場合は、ほとんどの場合この「メタルコア」が使用されます。
保険のメタルコアには、一般的に銀合金が使用されています。

ほとんどの症例で使用可能。
最も一般的なので、多くの実績がある。
保険適応なので安価。
レジンコア
レジンコアはメタルコアと同じく保険適用のコアですが、強度・接着に問題があるため、
奥歯で強い力がかかる部位や、深い虫歯がある部位には使用できない場合もあります。

しなる性質があるので、歯が割れる可能性が低くなる。
金属の溶け出しによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどの心配がない。
色が歯と似ているので、オールセラミックジャケット冠をかぶせて中の色が透けた場合でも見た目が悪くならない。
保険適応の場合は安価。
保険適用外の治療(自費)
ファイバーコアポスト
グラスファイバーのピン(ポスト)で補強したプラスチック(レジン)の土台です。
ファイバーコアは、歯に似たしなやかさがあるため、根を壊しにくく、特に、歯質の大部分を失った歯に最適な土台(歯にやさしい土台)です。

弾性は天然歯に近くたわみに屈曲しながら力を分散するため、歯への負担を大幅に軽減し、また高い破損強さを発揮します。
金属アレルギーの心配がありません。
金属イオン溶出による歯肉の色素沈着防止。
再治療時にも歯質を傷めずに除去が可能です。
OPEN
「もうひとつの家族みたいなクリニック」