TOP > 診療案内 > 審美歯科 > クリーニング・PMTC
審美歯科
クリーニング・PMTC
普通のケアでは落とせない汚れを落とす
歯に沈着した色素や歯石は毎日の歯磨きではなかなか取ることができません。
これらは口臭や虫歯・歯周病の原因になり、また歯の美観を損ねることにもなります。
クリーニング(歯の清掃)をすることにより、予防はもちろん、本来の自然な歯の色を取り戻すことができます。
クリーニングによって得られるメリットはたくさんあります。
3~6ヶ月に一度は歯をクリーニングする習慣を持つとよいでしょう。
クリーニングのメリット
  • 定期的にクリーニングをすることで、歯の寿命を大幅にのばす。
  • クリーニングで口の中がすっきりとして気分もリフレッシュ。
  • 自分では取りきれない色素や歯石などの汚れが取れる。
  • 色素や歯石除去は、口臭や虫歯、歯周病などのトラブル防止になる。
  • 歯の美しさを保てる。歯の美しさをが取り戻せる。
  • クリーニングで口の中の健康状態を維持できる。
治療前 治療後
クリーニングの流れ
まず、歯ぐきでかくれた部分(歯周ポケット)の頑固な歯石を、ハンドスケーラーで一本ずつ徹底的に取り除きます。
次に、歯の表面にこびりついた歯石を、スーパーソニック(超音波)スケーラーを使って粉々に砕き丁寧に除去します。
最新鋭の治療機械であるジェットポリッシャ―を使って、歯に付着しているコーヒーステインやたばこのヤニ等の汚れを残らず取り除きます。
仕上げは、ペーストとゴムチップで歯の表面をピカピカに磨き上げますが、必要に応じて、
スウェーデンで開発されたPMTC(歯間研磨機)を用いて、歯と歯の隙間をきれいに研磨します。
OPEN
「もうひとつの家族みたいなクリニック」