TOP > 診療案内 > 審美歯科 > セラミックス
審美歯科
セラミックス
歯の被せ物(差し歯)を選択される際に、より天然歯に近い白さがあり、透明感もあり、審美性に優れているのがオールセラミックです。
しかしセラミックの中に使う素材にも様々なものが存在します。
白いけれども強度がジルコニアに劣るプロセラやセラミックの内面に通常のメタルを使うものまで数多くあります。
その中でもジルコニアセラミックは強度、機能性、審美性に優れているといえるでしょう。
長年、お口の中にあることを考えられると、良い素材を選択されるのも一つだと思います。
セラミックと処置方法の種類
セラミックインレー
ポーセレンインレーとも呼ばれ、100%セラミック(陶器)により歯の形に作り上げた詰め物です。
陶器のため、年数がたっても水分などを吸収せず変色にも強いため、きれいな状態を持続することができます。
長所
  • 透明感が高いため、セット後は装着する歯
    (支台歯)の色を反映し、より自然な色を再現できる
  • 唾液の吸収がないため口臭の心配がない
  • 変色の心配がない
  • 天然歯と見分けがつかない
短所
  • 金属のインレーに比べると耐久性はやや劣る場合がある
  • 素材は強固だが逆に粘り強さがないため、
    セット中や咬合調整中に欠ける事がある
    (セメント固定後の強度は高い)
オールセラミッククラウン
オールセラミッククラウンは、セラミックだけで作る人工冠(差し歯)です。
天然歯に最も近い色合いを出すので、前歯、小臼歯によく使われます。
ジルコニア
ジルコニアオールセラミックスとは、通常のオールセラミックスクラウンの内側にジルコニアを使用しものです。
従来のセラミッククラウンよりも強度が高くなり、
奥歯や複数歯の連結されたブリッジなどにも使用範囲が大幅に広まりました。

ジルコニアは腐食にも強く、生体親和性が高いので、医療分野でも広く使われ、
歯科治療における審美性の高い素材としても注目を集めています。
長所
  • 通常のオールセラミックより透明度が高いよって歯ぐきも明るく見える
  • 金属よりも硬く丈夫
    (曲げ強度が高いので割れにくい)
  • 金属アレルギーが起こらない
  • 自然な噛みごこちで軽い(金の1/3の軽さ)
  • 変色のない材料である
  • 通常のセラミック処置より歯を削らずにすむ場合ある
  • 奥歯でも使用が可能である
    (咬む力が強い方でもOK)
短所
  • とても硬いので、セット後に問題が生じた場合除去が困難
  • CAD/CAMという技術で削りだすので複雑な形態は無理
  • 接着をあげる場合、専用のセメントを使用しないといけない
  • 外側は通常の陶材(セラミック)なので、外側が割れる場合がある
ラミネートべニア
歯の表面(0.5~0.7mm、エナメル質の範囲内)を薄く削って、セラミック製の薄いプレートを貼り付ける治療方法です。
2~3回の来院で終了してしまい、たいへん美しく自然に仕上がる治療法です。
そのため、芸能人やモデルの方が多く利用する治療方法です。歯の隙間を埋めたり、歯の形を変えたりすることもできます。

歯の色が気になる、前歯に隙間があって気になる、前歯の形をもう少しバランスよくしたい、
少しだけ歯並びを直したいけれど時間がかかるのは嫌だ、などと悩まれている方に適しています。
メタルボンドクラウン
金属の裏打ち(裏側)にセラミック(陶材)を焼き付けたものです。
セラミッククラウンとしての歴史は古く、今現在でも積極的に利用されています。

透明性や色調はオールセラミッククラウンに比べると劣りますが、まずまずの耐久性と色調があります。
長所
  • 歯の色調に似ているので見た目が良い
  • 内面に金属を使用しているためたいへん丈夫で
    割れにくく、ほとんどの部位に使用できる
  • 強度があるため、咬む力の強い患者様でも
    ある程度使用可能
短所
  • 歯の裏側からは金属が見える
  • 色調はオールセラミッククラウンに劣る
  • 金属を使用しているため、歯茎や歯と歯茎の
    境目が変色してくる場合がある
  • 元の歯や咬み合わせの状態によっては、
    自然な歯の透明感が思うように出ないことがある
e.maxプレス(イーマックス)
IPS e.maxプレスは、歯科界では非常に有名なドイツのイボクラ・ビバデント社製のシステムで、
材質は二ケイ酸リチウムガラスセラミックスです。

他の材質とは違い、最初から材質自体に透明感のある色がついており、その種類が多く、
さらに繊細なグラデーションがあります。

クラウン(被せもの)では、このe.maxベースにセラミックを焼き付ける方法は、とても審美的に優れています。

セラミックを焼きつけずにそのままクラウンを製作することも可能です。小臼歯であれば前歯ほどの審美性は必要でなく、強さも確保できます。
ただし、強度的には金属より劣りますので、力が強くかかる大臼歯で噛み合わせのスペースが少ない場合には向いていません。
また、奥歯の連結やブリッジには適しません。
長所
  • かみ合わせの強い方、くいしばり、歯ぎしりの方へ有効
  • 非常に見た目が良く、ほとんど変色しない
  • 汚れ(プラーク)が付きにくい
  • 歯と分子レベルで強固に接着するため、
    治した部分から虫歯になりにくい
  • 強度と透明度がある
  • 良くも悪くも元の歯の色をひろってしまう
短所
  • フレームタイプにセラミックを盛るクラウンに比べ、
    複雑な色付けには限界がある
  • ステイニングした色は、経年の変色を避けられない
  • 良くも悪くも元の歯の色をひろってしまうある
ハイブリッドインレー
セラミック(陶器)の粒子とレジン(プラスチック)を混ぜたもので作られた詰め物です。
「ハイブリッドセラミックインレー」とも呼ばれています。

セラミックインレーよりもやわらかく、対合歯にも優しいというメリットがありますが、色調は多少劣り、唾液を吸収し、経年的に変色します。
長所
  • 硬すぎず軟らかすぎず、粘り強さがあるため
    インレー(詰め物)に適している
  • 保険の詰め物と比べ唾液の吸収が少ない
  • 保険の詰め物と比べ変色が少ない
  • 適度な硬さで対合歯に優しい
短所
  • 素材にプラスチックが混合されているため、
    年数がたつと水分などを吸収し変色しやすいので、
    定期的にやりかえが必要になることがある
  • 金属のインレーに比べると耐久性はやや劣る
【ハイブリッドインレーとセラミックインレーの違い】
ハイブリッドインレーはセラミックインレーと比べると、やや透明感は劣りますが、ほとんど変わらないくらいの違いです。
ハイブリッドインレーは適度な粘り強さを兼ね備えていますので、歯ぎしりや食いしばり等の癖のある人、
噛む力の強い人には、奥歯の詰め物としては最も適しているといえます。
OPEN
「もうひとつの家族みたいなクリニック」