TOP > 診療案内 > 審美歯科 > セラミック
審美歯科
セラミック
セラミック
ポーセレンとも呼ばれ、100%セラミック(陶器)により歯の形に作り上げた修復物です。
陶器のため、年数がたっても水分などを吸収せず変色にも強いため、きれいな状態を持続することができます。
長所
  • 透明感が高いため、セット後は装着する歯
    (支台歯)の色を反映し、より自然な色を再現できる
  • 唾液の吸収がないため口臭の心配がない
  • 変色の心配がない
  • 天然歯と見分けがつかない
短所
  • 金属に比べると耐久性はやや劣る場合がある
  • 素材は強固だが逆に粘り強さがないため、セット中や咬合調整中に欠ける事がある
    (セメント固定後の強度は高い)
オールセラミック
オールセラミックは、セラミックだけで作る人工冠(差し歯)です。
天然歯に最も近い色合いを出すので、よく使われます。
イーマックスセラミック
イーマックスセラミックは歯科界では非常に有名なドイツのイボクラ・ビバデント社製のシステムで、材質は二ケイ酸リチウムガラスセラミックです。
他の材質とは違い、最初から材質自体に透明感のある色がついており、その種類が多く、さらに繊細なグラデーションがあります。

セラミックを焼きつけずにそのままクラウンを製作することも可能です。小臼歯であれば前歯ほどの審美性は必要でなく、強さも確保できます。
ただし、強度的には金属より劣りますので、力が強くかかる大臼歯で噛み合わせのスペースが少ない場合には向いていません。
また、奥歯の連結やブリッジには適しません。
長所
  • かみ合わせの強い方、くいしばり、歯ぎしりの方へ有効
  • 非常に見た目が良く、ほとんど変色しない
  • 汚れ(プラーク)が付きにくい
  • 歯と分子レベルで強固に接着するため、治した部分から虫歯になりにくい
  • 強度と透明度がある
  • 良くも悪くも元の歯の色をひろってしまう
短所
  • フレームタイプにセラミックを盛るクラウンに比べ、複雑な色付けには限界がある
  • ステイニングした色は、経年の変色を避けられない
  • 良くも悪くも元の歯の色をひろってしまうこともある
OPEN
「もうひとつの家族みたいなクリニック」